fc2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2024/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
久しぶりに書いたなあ・・・。生態記録9
そういえば、チェックしたら生態記録の通し番号が1つ抜けていました。

6がなかった。
今日は・・・数週間ぶりに7時半に起きた。

だけど、その時間ってちょうど父親が家を出る時間だったり

そうこうしてるうちに妹が学校に行く用意をしはじめたり

しばらくすると弟も起きてきてバタバタする時間帯だったから、

その中に顔を出すのが怖くて1時間ほどベッドの中で音楽を聴いてた。

で・・・8時半になって。

どうしようかなあと思いつつ、とりあえずPCへ。

いつも通りのコースを終えて、PIYOに顔を出して、

昨日の短縮てつどーの動画を見て、10時くらいかな。

この頃まではまだ調子はマシだった気がする。


いい加減朝ご飯食べないと・・・とリビングに下りたけど、母親もいなくて、

でも何か食べなきゃいけないと思って、ダイニングに近寄ったら、

何故か怖くて、怯えてしまって、体がこわばっていた。

どうしようどうしよう・・・とこの辺りでかなりの不安感が押し寄せてきて。

キッチンに入って食べ物を探そうとするけど、あまりのしんどさに耐えられなかった。

しかも、やっと思いついた昨日の晩ご飯の野菜スープが無いかと探したら、

もう無くなっていて、まさに途方に暮れた。


落ち着かないまま、とにかくソファに座って、テレビを見てた。

ちょうどヤ/ン/キ/ー/母/校/に/帰/るがやってたから、それを見て。

『徹夜で話聞いてやる』とか言ってた先生役を見ながら、

こんな風に受け止めてくれたら、ちょっとは違ってたのかな、なんて思った。

誰に対してかはわからないけど。

ドラマを見てる間はなんとかなっていたけど、CMに入るとやっぱり駄目で、

不安に押しつぶされそうになっていた。

そこでやっと、『ああ、頓服を飲もう』と思いついて、頓服を飲んで。

まだ体はこわばっていたけど、無理矢理キッチンで食べるものを探して。

とにかく、心細くて、寒くて。

温かいものが欲しくて、戸棚を開けてすぐに目に入った

即席で出来るカップ入りの野菜スープを作って食べた。

薬が効いてきたのか、やっとダイニングに近寄れるようになって、

ミ/ス/ドの残ってたパイとマフィンを食べた。

でも、怖かった。

不安が消えなくて、落ち着かなくて。

どうしようもなくなって、でもまたPCをする気にはなれなくて、

自分の部屋に戻ってベッドにもぐりこんだ。

布団を体に巻きつけて。

寒かった。怖かった。

耐え切れなくなって、母親に『お母さん今どこ?』ってメールして。

折り返しにかかってきた電話で、母親は買い物に出ていたことを知った。

途中、まともに返事も出来なくなって、さすがに母親が『今から帰るから』と言っていた。

その頃には、ポロポロ涙が溢れてきて、しんどかった。

通話を終えた後は、泣いたせいか、薬のせいか、

なんだか眠くなってきて。

横になって、母親の帰りをまだかまだかと待っていた。

この頃が、だいたい12時くらい。


そうしているうちに、やっと母親が帰ってきて。

洋服を買いに行っていたらしい。

あたしの様子を見ながら、あたしの部屋で買ってきたものを広げて。

『これ着る?』とか聞かれたけど、考えられなかった。

『思考ゼロか~(苦笑)』と言われて、頷くしかなかった。

そういえば、この時『何時に起きたん?』と聞かれて、

『7時半』と答えたらびっくりされた。

・・・まあ、当たり前か。

だって、ここのところ、どんなに頑張っても午後にしか起きれなかったもん。


『下に下りよう』と言われて、リビングへ。

買ってきたばかりのレギンスを穿かされて、上からニットの長袖も着てたけど、

寒くて仕方がなかった。

なんとか、粉を溶かすタイプのポタージュを作って、飲んで。

だんだん眠くなってきて、『ベッド行き』と言われ、自室に。

これが、1時くらいだったんじゃないかなあと思う。


眠ってて、起きたら5時半だった。

6時くらいまでベッドの上で英単語めくったり、

音楽を聴こうとしたりしたけど、どれも集中力が続かなくて、

単語帳に至っては1ページ半、音楽に至っては1曲も聴かずに終わった。

しんどかった。


それから、PCの前に来て・・・朝電源落としたはずなのに、

エラーでちゃんと出来てなかったから、エラーを閉じて、電源が落ちるのを待って。

いつまで経っても電源が落ちないのを、落ち着かないまま待ってるうちに、

弟と妹が帰ってきた。

意味がわからないんだけど、確か『玄関開けたの姉ちゃんか?』みたいな

弟の声がしたけど、何故かびくびくして答えられなかった。

あんまりしつこいから、なんとか答えたけど、落ち着かなかった。

一緒に、母親も帰ってきて。

PCもなかなか動かないし、しんどくてリビングに下りた。

ソファに小さくくるまって、泣きそうになって。

母親がちょうどその時『10月の模試も、センター試験も受けへんのやろ?』って

聞いてきて、回らない頭で返事をして・・・涙が出てきて。

『泣くな』って言われて、ティッシュを渡された。

どうも、ずっとしんどかっただけなのに、今の話で泣き出したと勘違いしたらしい。

『違う、さっきからしんどい』と泣きながら答えて、涙を拭った。

確か・・・その時に2錠目の頓服を飲んだ。


それが、7時くらいかな・・・結局、またPCの前に戻って。

そしたら未だに電源が落ちてなくて、仕方ないから強制終了して、

もう1度電源を入れた。

それから、1時間くらいPCをいじってて。

でも、しんどいのはなかなか取れなかった。


晩ご飯を食べに、リビングに下りて。

出来上がったご飯を前に、お箸を並べて。

とりあえず、食べて。

今日は秋刀魚の塩焼き?と、菜っ葉の炊いたヤツと、キャベツっぽいののおひたしと

お豆腐の入ったお味噌汁だった。

味は美味しかったと思うよ。たぶん。

だけどやっぱり、精神的に美味しいと思えなかった。

むしろ、長いことそう思えないでいて、精神的にも美味しいってどんな感じだか忘れてしまった。

テレビを見ながら、薬を飲んで。

睡眠導入剤を飲むべきかどうか少し悩んで、しばらくしてから飲んだ。

これが・・・9時くらい?


それからまた、PCに戻って、ぼーっとしながらいつものコースを回って。

ひみつが始まる時間になったから、とりあえず録画予約をして。

でもしんどくて、そのまま見る気になれなくて、リビングに下りた。

しんどかったのは・・・祖母の電話が大きかったな。

電話って言っても、留守電だったけど。

不在着信の記録を見ただけで、不安が押し寄せてきた。

そのまま、留守電を聞いて。

今日は調子悪いのに、なんてタイミングの悪い人なんだろうと思った。


そうしてリビングに下りてしばらくは、母親と父親と妹と一緒にテレビを見てて。

なかなか母親に祖母の電話の話が言えなくて、『う゛ー』ってなってた。

寝転がり出した母親の上に、ゴロゴロしだした妹と一緒になって、

母親にひっついて。

ようやく電話のことを短く伝えて。

母親の反応は・・・薄かったような気がする。


それからしばらくして、妹を部屋に連れて上がる役目を弟に押し付けに行ったり

(結局あたしが連れて上がったけど。ていうか妹は半分起きてた。自分で動けーー!)

妹を間に悪戯してる時は、まだ笑っていられたような気がする。

そうして、妹を寝かしつけて、リビングの電気とか全部消して、

今日3錠目の頓服を飲んで、今に至る、と。


今日は、なんか知らないけど本当に調子が悪かった。

せっかく朝も早く起きれたのに、何も出来なかったし。

ここのところ日中の睡眠時間が長かったせいか、

頓服も飲まない日も多かったのに、今日は3錠も飲んだし。

今も、あまり元気じゃないなあ~、と思う。


さて、明日は病院なんだけど。

お風呂最後に入ったの、いつだっけ?

さすがに頭が痒いような。

でも、しんどいから、もう今日は眠ります。

今日はもう、疲れた。






↓もしよろしければご投票下さい。励みになります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ


banner2.gif
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

お久しぶりです。
丸々一日、きつかったんですね。
食事だとか、音楽だとか、そういうのに心を持って行けない時って、とても辛いと思います。
本当にお疲れ様です。

おばあちゃんからの電話って、調子が良いときは嬉しいけど、きつい時にはものすごく苦しいですよね……
私も、留守電聞いて気分悪くなって焦って頓服飲んだりしてました。

何はともあれ、7時半起床って凄いです。
あまり気負わずに(難しいけど)、ゆっくり療養なさってください。
それでは。乱文失礼いたしました。
センター試験か・・・
そういう年頃なんですね。

若いっていいな、とふと思ってみたり。w
FC2カウンター
プロフィール

砂雪

Author:砂雪
うつ病で自宅療養中、高校3年生の砂雪のブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
HS月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
検索フォーム
QRコード
QRコード