fc2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2024/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
自立するために、離れるために。
おはようございます、風邪ひき砂雪です。


ここ数日、咳に起こされます・・・orz



ここに書いたかどうか忘れましたが、

2月から病院に一人で電車とバスで通うようになりました。


きっかけは、診察日に妹が熱出したか何かでしたが

使う電車は中高で使ってた路線だし、

行きのバスに乗るのも慣れたし(帰り道のバスなら平気なんです)


ちょっと学校に行っていた頃を思い出します。


昨日なんか母校の中学の制服着た子たち見ただけでテンションが上がりました(笑)





昨日も病院の日。


心理療法士の先生と、その頃から

『親と距離を取った方が(あたしの体調にも)安全なんじゃないか』

というお話が何度か出ています。


ま、わりと納得する話ではあります。


どうやっていいか暗中模索なだけで。





父も変わらない。


母も変わらない。


壊れるなら、あの時に壊れてしまえばよかったのに。


ついに、と言うのでしょうか、心理療法士さんに言われてしまいました。


『壊れているのは壊れているのかもしれないよ。

 弟さんだって実はそうなのかもしれないし。

 とにかく、もうすでに、全部引き受けてフォローに回ろうとした

 あなたがもうすでに壊れてしまってるでしょう』


久しぶりに声を上げながら泣きじゃくったような。


そうなんだよね。


頑張り過ぎて、気遣い過ぎて、怖いことが起こるのを先回りして防ごうとして。


それで、うつ病にまでなってしまった。



自分が家事を覚えるためにお手伝いするのはいい。


だけど、あたしはそうじゃない。


頑張り過ぎて、気遣いすぎて、先回りして怖いことを減らそうとして。


それで家事を手伝うだけ。


それでいろいろ気を回すだけ。





随分昔から、実家にいる限り家事能力や生活能力はつかないだろうし

早く家を出て、一人暮らししながら覚えていく方が絶対にいいと思ってきました。


だから、大学受験とかで、家から通えないところにある

この辺りの地域にある大学よりレベルが低くない

「仕方がない、あそこに行くなら(もしくは行けるなら、受かるなら)一人暮らししかない」

と親が思うようなところに行けないかな、なんて思っていました。


ほら、慶応だの早稲田だの、あと関東にある国公立の上位校とか。


この家を出ないと、あたしは駄目になる。


そんなようなことを、漠然とですが長い間思ってきました。


しかしながら、高3の5月3日の祖母の死。


薄情に思われるかもしれませんが、少し前に死期が近いと聞いていたこともあってか

祖母の死自体には悲しみはありませんでした。


葬儀の最後、棺に花を入れながら

「ああ、なんだかんだあってもこの人はあたしのおばあちゃんだったんだな」

と思っただけ。


むしろ、亡くなったと知った直後から

「涙ひとつ流さないような孫なんて、世間体とか悪いだろうか」

なんて考えていました。


葬儀の終盤で棺に横たわる祖母を見たときに、自然に涙が流れてきて

涙腺ってうまいこと出来てるものだなんて思ったくらい。


だけど、祖母の死の直後から10日間ほどが今思えばキツかった。


とにかく親戚がウチにくるのでその応対や

(普段から片付いていない家なので)食器洗いが発展して流し台の大掃除したり

葬儀の次の週末に、過労からかめまいで寝込んだ母の代わりに

いろいろしたり、父が母を病院に連れて行くのに付き添って

父に何か不都合があって機嫌が悪くなったりしないか

ハラハラしつつ先回りして、父の世話(と言うのも変ですが)をしたり・・・

特にその時なんて、お昼ご飯の調達、食事の時間でさえ

もたもたしてたら父が・・・(><)と焦って、食事にと買ったおにぎりを

大急ぎで食べて・・・精神的にほっと息つく暇もありませんでした。


祖母の死が、5月3日。


あたしの体調が自覚できるくらい悪くなったのが5月14日。


この間、おそらく自分の疲れやストレスを

自覚できないところまで行ってしまったのだと思います。


そんな風になって、日常生活にも支障をきたし始めたら

当然、まだほとんど手を付けていなかった受験勉強なんてできるはずもなく。


どうにか家から出られないかな、と遠くへ行くための努力(勉強)も

なしくずしに中止、もしくは諦める他なくなりました。





でもね、もう、本当にこの家から離れないといけないのかもしれない。


そのためには、自立しなきゃいけない。


バイトをして、お金を貯めて、もしチャンスがあるなら大学や短大を目指して。


幸い最近はお薬の力にも助けられていることだし、

もう「バイト始めてもできるかな、通えるかな」なんて不安を

無理矢理ひっぺがしてでも一つずつ、始めてみなきゃ。


でないと、一生、ストレスの中心で自立も出来ず生きていくしかなくなるから。


これまでは、家を出るのが1番効果的だと思っても

現実問題として体調がネックになっていたので・・・


でも、始めたら案外なんとかなるのは少しずつわかってきたし

少しずつ、準備をしなければと思っています。
スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

No title
キツイと感じることもあるかもしれませんが、何とかなると思います
正確にいうと試してもいいものではないかと思います

ただし、自分を見つめようとすることは時にキツイことだと思うので、焦らないようにね
陰ながら応援しています
わたしもそうでした
わたしもうつ病の患者の一人です。わたしも会社のために毎日早く出社して、雑務をして、みんなの仕事に支障がないように一人でいろいろ気を配って、電話にも全部でて…なんてことを毎日していたら、うつ病になっていました。
でもわたしは薬のおかげでかなり病状は良くなってきています。いまは週4日6時間ずつ働いて、生活費で足りない分をアフィリエイトでまかなってます。このサイトの方法はオススメですので、お金にお困りでしたら参考にしてください。
http://fukugyomikan.web.fc2.com/index.htm
ラスカルっ様へ
こんばんは。
ご無沙汰しております。

そうですね、焦らないように・・・
何度もそう自分に言い聞かせるのですが、気づけば焦っている自分がいます(溜息)
ここまで来るだけで4年もかかっているのだから、
そんなにすぐにスピードアップ出来るはずがないのはわかっているつもりなんですが・・・

見ていてくださる方がいるのは心強いです。
コメントありがとうございました。
みかん夫様へ
はじめまして。
おいで頂きありがとうございます。

すみません!
操作ミスをしてしまい、もしかしたら頂いたコメントが消えてしまうかもしれません。
他のコメントをスパム処理しようとして、どうも間違えてみかん夫様のコメントをクリックしたかもしれず・・・
本当に申し訳ないことです。


みかん夫様も同じような経験がおありなんですね。
私は幸い、両親に養われている身ですので、すぐにお金を必要とする訳ではないのですが・・・
働く経験値を増やしたいと思います。
社会で、歩いていけるように・・・


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おはようございます、風邪ひき砂雪です。ここ数日、咳に起こされます・・・orzここに書いたかどうか忘
FC2カウンター
プロフィール

砂雪

Author:砂雪
うつ病で自宅療養中、高校3年生の砂雪のブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
HS月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
検索フォーム
QRコード
QRコード