fc2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2012/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
アモキサン(アモキサピン)
お久しぶりです、砂雪です~。


いつ書こうかな~とかタイミングを考えてたらね、結局ナマケモノな性格が出て

随分経ってしまいました( ̄∇ ̄;)








で、何の話かと言うと。


5月に副作用が出て、とりあえず経過観察の検査も終わって、

なので書くのですが・・・


アモキサンの副作用でぶっ倒れました☆(*゜▽゜)ノ


四環系といい・・・(アレは正確にはNaSSAですが)

三環系も私にはあまり合わないみたいですねー。




5月の下旬の話です。


なので、かなり適当な記述になることをお断りしておきます。


記憶も薄れてて・・・(早く書かないからでしょ)


今年の4月下旬からアモキサンを増やしてみていたのですが・・・

(確かパキシルはそのままだったような)


初期によくある軽いめまいなどや、

アレルギーで飲んでいるニポラジンとの相互作用と思われる

口の渇きなども治まってきていましたし、便秘のフォローとして頓服も処方されていました。


ただし、アレルギーで呼吸器がやられていて・・・

自覚のあまりないままに体調は良くなかったようです。




その日、診察日だったので病院へ行き(電車に乗り一人で)

診察とカウンセリングを終えて、デイケアに参加しました。


そのデイケアで、途中まで何事もなく陶芸やってたはずなんですが・・・(▼∀▼;)


目が覚めたら、どこかの検査室?から処置室へ連れて行くため、私の体を移動させている病院の人々

(たぶん看護士さんの他にも検査技師さんとかいたんじゃないかと)


『あれ? 何で? そういえば記憶とんでる?』


聞けば、デイケアルームで痙攣起こして倒れたんだよ~と教えられ、

お母さんに連絡したから迎えに来てもらえるから、と。


その時、結構ぼんやりしていたので曖昧ですが、

自宅から車で1時間以上かかるところ、母がわりとすぐに到着したので

おそらく1時間弱くらいでしょうか、私はもうろうとした感じだったようです。


意識を失っていたのはさほど長くなかったものの、ぼんやりしたままだったらしく

記憶は検査室からしか残っていません。


知らないうちに、右腕に点滴、左手首に採血の痕(あは)


その後、診療明細から動脈血を採取したのだと判明しましたが

普段、血液検査といえば肘の内側から採りますから

「うわあ、両腕だ~」とか呑気に感心してました←



その後、主治医の先生が来て下さり母と説明を受けたのですが

デイケアルームで痙攣を起こして、泡を吹いて倒れ、頭を打っていたこともあり

CTや脳波、血液検査などを行ったところ・・・


・痙攣はあったが結果を見る限り、脳波の波形も乱れているというほどではなく

 特に異常はなさそうである。

・血液検査に関してはAST(GOT)やALT(GPT)といった肝臓の機能の指標になるものと

 血液中のアンモニアの数値が高い。

・(交通事故など報道があった時でしたが)てんかんのような発作とはいえるが、

 今回のことですぐにてんかんであるとは考えにくい。

・しばらく定期的に脳波検査は受けた方がいいが、諸々から判断すると

 薬の副作用によるものというのが妥当だろう。



という感じのことをおっしゃっていました。


主治医の診察日ではなかったのですが、10日後に時間を作って診ていただき

血液検査でも特に異常なし。


本人としては、痙攣を起こしたといっても全く記憶にないので

首と鎖骨の間あたりの筋肉が痛かった(痙攣で強張っちゃったらしい)のと

看護士さんに『駐車場まで車椅子で乗せていきますよ』と言われ

立ち上がったら案外体力を消耗していたらしく

びっくり → 『看護士さんすごい!』

と初めて車椅子を押される側に回って面はゆい気分

というのが大きなインパクトでした(^^;)




その後、3ヵ月後にもう一度、脳波の検査を受けました。


その結果は数人のお医者様による検討会議的なものを経て、

やはり異常なしという診断をいただきました。


一応念のために半年、1年・・・というようにだんだん間隔を空けて検査をしますが

それでも異常がなければそのうち検査も受けなくてもよくなるとのことで、

私の場合、むしろ、てんかんの心配をして薬を服用するとなれば(元々飲まなくても問題なくても)

本当に異常がないのか、それとも服薬しているおかげなのかわからないということになり

そのまま飲み続けなければなるかもしれないので(勿論また発作などあればともかく)

薬を飲む必要はないだろうということでした。


私もあとから気になって、少し調べたりしていたのですが

薬の説明に『めったにない』と書かれている類の副作用が起きたんだろうと結論付けていまして

主治医にも聞いてみると、やはり

服用開始から少し経っていたが、体調悪くなったところで副作用が出てしまったのだろう

というような話になりました。






あー、で、体調が悪かったと何度かかきましたけれど・・・


今年の天候に負けて呼吸器の具合を悪くした患者の一人だったようです、私。


だって! 内科の主治医の先生言うんですよ!


『今日も2人それで入院させたところやねん~』って!!∑( ̄□ ̄;)|||



少し戻って時系列で説明しますと・・・


春 → いつものように花粉症の季節到来

ゴールデンウィーク → あれ~、まだ花粉症終わんないの??とか思っていたら

               内科にて風邪ひいてると診断、薬を処方される

5月半ば → 薬飲みきったのに・・・呼吸が苦しくなる一方だよ!

         ていうか座ってるだけでも息切れするんですけど!?(涙)

5月下旬 → デイケアでぶっ倒れる

         その週末、内科に行ったらアレルギーで呼吸器弱ってた



・・・内科でも点滴を受ける羽目になり、しかもそれで改善しなかったら

『入院してもらうトコやったわ~』と言われ、アレルギーのお薬が超強力体勢になり・・・


そういえば内科でも血液検査したので、腕にブスブス針刺しまくる10日間でした。


土日も内科で点滴してもらいましたし・・・


月曜日、点滴、静脈血検査、動脈血検査他

金曜日、点滴、血液検査

土曜日、点滴2種

日曜日、点滴

月曜日、点滴、血液検査他

木曜日、血液検査


しょっちゅう病院にはお世話になってますが、点滴はあまり馴染みがないんです・・・(▼∀▼;)


しかも、おまけにそれから呼吸器が薬飲まなくてもスッキリしてくれることがなく

風邪とアレルギー悪化を交互に繰り返しとります・・・


未だに内科の先生のトコ行くと超強力体制のお薬出されるんだよぅ~

『これ飲み終わって楽になったら普段のレベルに戻すから~』

って数回言われてるんですけど・・・でも風邪ひくし!(T_T)


ちょっと良くなると面倒くさくなって皮膚科でついでに

普段レベルの飲み薬を貰います、先生ごめん酷い時ばっかり顔見せて。






・・・かなり脱線しましたが、本当に倒れたのが病院の中で良かったよねー、

じゃなかったら救急車呼ばれてたもんねぇ、しかもすぐに診てくださったのは

その手の症状に対するプロの方たちだし、というのが砂雪の感想でした(・∀・)ノ
スポンサーサイト



FC2カウンター
プロフィール

砂雪

Author:砂雪
うつ病で自宅療養中、高校3年生の砂雪のブログです。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
HS月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
検索フォーム
QRコード
QRコード